ロコモティブシンドローム予防方法はどう

最近話題のロコモティブシンドロームとは

最近、ロコモティブシンドロームという言葉を耳にすることがありますが、ロコモティブシンドロームとは足を中心とした身体を支え動かす運動器の障害のことをいい、進行することで将来介護が必要になるリスクが高くなるとされています。
若い時は筋肉もあるので問題はないですが、加齢により筋肉が衰えると同時に運動器の機能も衰え、日常生活に支障が出始めます。歩いてる時にちょっとした段差などで簡単に転んでしまうこともその1つとされます。

 

ではロコモティブシンドロームを予防するために必要な事は何でしょうか。
それは日常的な運動習慣です。
運動といっても激しく動くことではなく、ウォーキングや柔軟性を高めるために軽い体操やストレッチも有効です。
特に体操やストレッチはゆっくりと動かすので身体に負担をかけることなく筋肉や関節をほぐし身体を柔軟にすることが出来、その例としてラジオ体操や太極拳が挙げられます。
テレ荷を見ながらや寝る前など、ちょっとした時間を有効に使うことで予防に繋がります。

 

近年ではロコモティブシンドロームは子どもにも関係していると言われており、勉強に時間を取られ身体を動かす場所が少なくなったことで起こったとされています。
家族で近所を散歩したり買い物を歩いて行く等、工夫をすることで将来、ロコモティブシンドロームを防げるような環境を小さい頃から習慣付け、将来に備えていきましょう。

ロコモティブシンドロームの原因について

多くのメディアで取り上げられたこともあり、ロコモティブシンドロームに興味がある人は多いのではないでしょうか。ロコモティブシンドロームは運動器に関係する障害の総称のことであり、具体的には筋力の低下や関節の変形、バランス能力の低下などによって要介護になるリスクが高まった状態のことをいいます。ロコモティブシンドロームという言葉が使用されるようになったのは最近のことですが、運動器に関する障害によって寝たきりになる人は以前から多くおり、大きな社会問題になっていました。今後は高齢者がさらに増えることから、介護が必要な人を減らすという意味でもロコモティブシンドロームの予防は重要になります。
ロコモティブシンドロームの原因には複数ありますが、加齢による影響と、生活習慣による影響が中心になります。日本人は以前と比較して長生きをするようになったため、ロコモティブシンドロームという病気がより大きな問題となってきたという背景があります。加齢による影響は改善が難しい面もありますが、生活習慣の見直しによってロコモティブシンドロームは予防することが可能です。食事による必要な栄養の摂取や、適度な運動で身体機能を維持することで予防することができます。

ロコモティブシンドロームの予防方法とは

最近は、熊本地震に関する報道の中で、エコノミークラス症候群という言葉をよく耳にするようになりましたが、ロコモティブシンドロームという言葉を御存じでしょうか。エコノミークラス症候群というのが、飛行機のエコノミークラスという狭い空間にじっとしていることが原因の病気ということですから、ロコモティブシンドロームは電車に乗ることと何か関係しているのかなどと思われるかもしれませんが、これは筋肉や骨の老化により歩けなくなってしまうという症状を指す言葉です。それでは、このロコモティブシンドロームにならないようにするためには、どのような予防方法があるのでしょうか。それは、当たり前のことではありますが、運動をすることです。一番手っ取り早いのは、毎日歩くことです。そして、余裕があれば、ジョギングなどの有酸素運動をする習慣をつけると良いと言えます。また、ロコモティブシンドロームというのは、メタボリックシンドロームと対の概念でもありますので、メタボリックシンドロームにならないように、食生活にも気をつけるべきであると言えるかもしれません。つまり、食べなさ過ぎるというのも良くないのですが、食べ過ぎるというのも良くないということです。

 

もっと詳しく知りたいという方はこちらのロコモティブシンドローム対策を見てみてください。